about us of JELADO OFFICIAL SITE

about_head.jpg
sign_concept.png

HOME > about us

about01.png Jeladoというブランドは1本のデニムから企画が始まりました。
それがS501XX(大戦モデル)といわれるLEVISのジーンズです。
アメリカで見つけたその大戦モデルは決して程度が良かったわけでもサイズが良かったわけでもありません。ただ片方のポケットしか残っていなく、隠しリベットがむき出しになっているにもかかわらず、
何かかっこいいと思わせる。オーラともいえるものが出ているように感じました。本物のアジを感じさせる、大戦モデル特有のムラ感。そして60年と言う歳月を通り経年変化したデニムの色。当時の労働者がリアルにつけたダメージ。

この雰囲気に仕上がるデニムを自分たちで作りたい!!

そんな想いでJELADOのものづくりがスタートしました。
色々とサポートしてくれている万能な工場さんの下、生地作りから始める作業をし、ヴィンテージしか知らない私たちは一つ一つこれだと思うパーツを地道に選んで生きました。
今でもそうですが、ものづくりの難しさ、奥の深さ、そして面白さを日々感じております。
ただ私たちは、再現と言う言葉よりも進化と言う表現の物を作りたいと言う気持ちでものづくりをしていたので、現代に通ずるファッション感覚も入れることで、古い味のある生地を現代のサイズ感覚で落とし込んだデニムに仕上げました。
それが私たちのコンセプトであるトッピングという物です。
一言で言えば、レプリカではなくリファイン。
JELADOはそんなブランドとして、皆様に認知していただきたいと思います。


The brand Jelado first started off from a single pair of jeans.
This pair of jeans was the S501XX (World War Model) from LEVIS.
This pair that I found in America was not exactly in good shape nor did it have the perfect sizing. Only one pocket was left and the hidden rivet was made bare, but there was something about it that appealed to me, something almost like an aura was exuding from it. The taste that comes only from the unevenness that is unique to the World War Model jeans. The color that came from 60 years of aging. The damage made by workers of that age.
I was simply captured by the idea to create a pair of jeans that would finish to be something as splendid as this pair.
This is how the craftsmanship of Jelado came into the world.
Under the support of an excellent factory, we started off from producing fabric. Vintage clothing was everything of the lives for us, and we took our time to carefully choose each part to make our products.
To make a splendid product that you can be content with was never easy and still is not. However there is also a great joy that can only be found through craftsmanship.
Our belief in making clothes is not to just simply reproduce vintage items, but to evolve them.
For this, we take modern taste into the sizing of our denims.
This is the concept of our brand which we call “Topping”.
In short, not to remake but to refine.
This is how we wish our brand to be acknowledged.

jelado_logo.png

JELADO OFFICIAL SITE